北海道新幹線新青森―新函館(仮称)の開業まで、あと2年を切った。「早く乗ってみたい」と心待ちにしている道民も多いことだろう。

 新幹線といえば、そのスピードが気になるが、新青森―新函館間を最高時速260キロで駆け抜ける。JR北海道の在来線特急の最高時速は青函トンネル内で出している140キロだから、2倍近い速さだ。

 ただし、津軽海峡をまたぐ新幹線ならではの制約がある。全長約149キロのうち、青函トンネルを含む約82キロの区間は、貨物列車とのダイヤ調整がつくまでは、在来線特急に合わせて最高時速を140キロにまで落とす。どうしてだろうか。

 ここは新幹線と貨物列車がトンネルを共用しながら走る区間だからだ。新幹線が高速で走ると貨物列車に追いついてしまうし、すれ違う際の風圧で貨物コンテナが傾いたり、落ちたりする恐れがある。

 ところで、上りの北海道新幹線の車両は、新青森以南では東北新幹線の線路を通って東京に向かう。このうち盛岡―宇都宮間では、JR東日本の「E5系」が日本最速の時速320キロで走っている。JR北海道の車両もE5系がベースで基本性能は同じなので、運行ダイヤ次第ではあるが、東北新幹線区間は時速320キロでの走行も十分ありそうだ。(経済部 十亀敬介)