▽第8節 札幌 1―0 水戸 (4月19日、札幌ドーム)

 4試合勝ち星のなかった札幌だが、これから始まる過密日程の前に、久しぶりの勝利をあげられたことは良かった。ナザリトがいない方が、今はチームがうまく回転する。

 水戸戦は、累積警告で出場停止となったナザリト。これまで5得点と、札幌では一番の稼ぎ頭だったのだが、彼がいないことで皮肉にも今までよりもチームは機能していたと思う。

 その一番の要因は都倉だろう。それまでナザリトを生かすために汚れ役でエネルギーを使い、本来の存在感を出せていなかった。しかし、やり慣れたワントップに入るとボールキープや展開、チェイシングなど、周りの選手を的確に使い自分もゴール前に顔を出し、水戸DF陣に脅威を与えていた。

 その仕事量はナザリトの倍。チームへの貢献度は、点しか取らないナザリトとは比べものにならない。私はナザリトのことを嫌いなわけではない。どちらかというと都倉もエゴイストだと思うが、運動量もあって献身的な彼のプレーを見ると、どうしてもナザリトに小言を言いたくなるのだ。

 決勝点となった福森からのクロスをヘッドでたたいた都倉のシュートは、簡単なものではなかった。ライン上でGKにセーブされ、その後のこぼれ球を内村が押し込んだように見えた。これまで得点のなかった内村にやっと初得点と喜んでいたら、都倉のシュートがゴールラインを割っていたと正式に訂正された。

 誰がゴールしてもいいのだが、都倉の我(が)の強さが内村を上回った。そんな印象の訂正劇だった。それと、DFラインを統率した櫛引の集中したプレー。やればできんじゃん。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)

水戸戦
選手名 出場 評価 ひとこと
GK
具聖潤 決定機阻止もキックが…
DF
パウロン つなげんじゃん
櫛引一紀 やればできんじゃん
福森晃斗 まいて都倉へ
MF
荒野拓馬 序盤ミスも切り替える
稲本潤一 大ミス、具に感謝だね
上里一将 気持ち出過ぎて警告
宮沢裕樹 スルーとスライディング
堀米悠斗 裏取られてるよ
FW
菊岡拓朗 狙ったんだよね?
ニウド つなぎのミス
内村圭宏 訂正されちゃった
神田夢実 アピール感ビンビン
都倉賢 ナザリトの倍の仕事量

※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場
 評価はA大変良いB良いC普通D悪い、―は採点不可