どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

爆ぜた!軌跡
熱闘 CSファイナル

【10月12日 第1戦 ●6-0 ソフトバンク】
二刀流の大谷が1安打完封の快投。打線は五回、西川、近藤の適時打と中田の2ランで一挙6点をあげ試合を決める。

【10月12日 第1戦 ●6-0 ソフトバンク】
二刀流の大谷が1安打完封の快投。打線は五回、西川、近藤の適時打と中田の2ランで一挙6点をあげ試合を決める。

【10月12日 第1戦 ●6-0 ソフトバンク】
二刀流の大谷が1安打完封の快投。打線は五回、西川、近藤の適時打と中田の2ランで一挙6点をあげ試合を決める。

【10月12日 第1戦 ●6-0 ソフトバンク】
二刀流の大谷が1安打完封の快投。打線は五回、西川、近藤の適時打と中田の2ランで一挙6点をあげ試合を決める。

【10月13日 第2戦 ○4-6 ソフトバンク】
レアードの同点弾などで2点差を追いつき六回に中田と陽の適時打で勝ち越す。しかし、八回に宮西が松田の一発を浴び、九回はマーティンが集中打で3点を失い逆転負け。

【10月13日 第2戦 ○4-6 ソフトバンク】
レアードの同点弾などで2点差を追いつき六回に中田と陽の適時打で勝ち越す。しかし、八回に宮西が松田の一発を浴び、九回はマーティンが集中打で3点を失い逆転負け。

【10月13日 第2戦 ○4-6 ソフトバンク】
レアードの同点弾などで2点差を追いつき六回に中田と陽の適時打で勝ち越す。しかし、八回に宮西が松田の一発を浴び、九回はマーティンが集中打で3点を失い逆転負け。

【10月14日 第3戦 ●4-1 ソフトバンク】
一回、千賀の立ち上がりを攻め近藤の適時打とレアードの3ランで試合を決める。有原が7回1失点の好投。日本シリーズ進出に王手。

【10月14日 第3戦 ●4-1 ソフトバンク】
一回、千賀の立ち上がりを攻め近藤の適時打とレアードの3ランで試合を決める。有原が7回1失点の好投。日本シリーズ進出に王手。

【10月14日 第3戦 ●4-1 ソフトバンク】
一回、千賀の立ち上がりを攻め近藤の適時打とレアードの3ランで試合を決める。有原が7回1失点の好投。日本シリーズ進出に王手。

【10月15日 第4戦 〇2-5 ソフトバンク】
高梨が2本塁打を含む4失点でKOされる。打線はバンデンハークを攻略できず大谷のツーベースによる2点に抑えられる。

【10月15日 第4戦 〇2-5 ソフトバンク】
高梨が2本塁打を含む4失点でKOされる。打線はバンデンハークを攻略できず大谷のツーベースによる2点に抑えられる。

【10月15日 第4戦 〇2-5 ソフトバンク】
高梨が2本塁打を含む4失点でKOされる。打線はバンデンハークを攻略できず大谷のツーベースによる2点に抑えられる。

【10月16日 第5戦 ●7-4 ソフトバンク】
初回まさかの4失点。しかし、二回中田のソロで反撃開始。杉谷の適時打に続き、四回には代打岡の2点適時打で同点、さらに中島のスクイズで勝ち越す。五回は近藤が2点適時二塁打。九回には大谷が指名打者を解除して登板。プロ野球新記録の165キロの剛速球でソフトバンク打線をねじ伏せ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。MVPは中田。
(北海道新聞社が運営する通販サイト「エフショット」では写真を販売しています。申し込みはこちらから

【10月16日 第5戦 ●7-4 ソフトバンク】
初回まさかの4失点。しかし、二回中田のソロで反撃開始。杉谷の適時打に続き、四回には代打岡の2点適時打で同点、さらに中島のスクイズで勝ち越す。五回は近藤が2点適時二塁打。九回には大谷が指名打者を解除して登板。プロ野球新記録の165キロの剛速球でソフトバンク打線をねじ伏せ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。MVPは中田。
(北海道新聞社が運営する通販サイト「エフショット」では写真を販売しています。申し込みはこちらから

【10月16日 第5戦 ●7-4 ソフトバンク】
初回まさかの4失点。しかし、二回中田のソロで反撃開始。杉谷の適時打に続き、四回には代打岡の2点適時打で同点、さらに中島のスクイズで勝ち越す。五回は近藤が2点適時二塁打。九回には大谷が指名打者を解除して登板。プロ野球新記録の165キロの剛速球でソフトバンク打線をねじ伏せ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。MVPは中田。
(北海道新聞社が運営する通販サイト「エフショット」では写真を販売しています。申し込みはこちらから

【10月16日 第5戦 ●7-4 ソフトバンク】
初回まさかの4失点。しかし、二回中田のソロで反撃開始。杉谷の適時打に続き、四回には代打岡の2点適時打で同点、さらに中島のスクイズで勝ち越す。五回は近藤が2点適時二塁打。九回には大谷が指名打者を解除して登板。プロ野球新記録の165キロの剛速球でソフトバンク打線をねじ伏せ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。MVPは中田。
(北海道新聞社が運営する通販サイト「エフショット」では写真を販売しています。申し込みはこちらから

【10月16日 第5戦 ●7-4 ソフトバンク】
初回まさかの4失点。しかし、二回中田のソロで反撃開始。杉谷の適時打に続き、四回には代打岡の2点適時打で同点、さらに中島のスクイズで勝ち越す。五回は近藤が2点適時二塁打。九回には大谷が指名打者を解除して登板。プロ野球新記録の165キロの剛速球でソフトバンク打線をねじ伏せ、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。MVPは中田。
(北海道新聞社が運営する通販サイト「エフショット」では写真を販売しています。申し込みはこちらから