demo動画を見る

<極東 中朝国境に高級リゾート> 「アジア最大」売り文句

 極東の長い冬が終わろうとしている。その厳しさは北海道をしのぐが、経済発展の中で冬の暮らしやレジャーを楽しむ文化も芽生えている。中国と北朝鮮との国境地帯。雪をたたえた長白山(標高2744メートル)の山容が冬の青空に映える。その麓、「長白山国際リゾート」のゲレンデは、カラフルなウエアを着た中国人スキー客でにぎわってい...

頂上にカルデラ湖「天池」をいただく長白山。全面結氷する冬でも観光客が絶えない(写真5枚を合成)

家族連れなどでにぎわう初心者ゲレンデ。多くの利用客はスキースクールで講習を受けていた=いずれも小川正成撮影

 極東の長い冬が終わろうとしている。その厳しさは北海道をしのぐが、経済発展の中で冬の暮らしやレジャーを楽しむ文化も芽生えている。そのダイナミックな動きは、同じ冬を暮らす北海道の活力にもなる。第2部はロシア極東や中国東北部をはじめ朝鮮半島まで視野に入れて、「冬」がつなぐ北海道と極東のいまを紹介する。(4回連載します)

 中国と北朝鮮との国境地帯。雪をたたえた長白山(標高2744メートル)の山容が冬の青空に映える。その麓、「長白山国際リゾート」のゲレンデは、カラフルなウエアを着た中国人スキー客でにぎわっていた。

 女性スキーヤー「アイヤー、ジウミン(助けてー)」

 男性「メイシーバ! シャオシンディァル(大丈夫か! 気をつけて)」

 腰が引けて、あっけなく転んだ初心者の女性をやさしく助け起こしたのは、恋人でも友達でもなく、ゲレンデに立つ監視員だった。43コースの随所に配置される監視員は約300人。初心者への技術指導も買って出る。同リゾート副支配人の王華(43)は「アジアで最大、かつ最も安全なスキー場です」と誇らしげだ。

 中国の不動産開発最大手、万達集団(ワンダグループ)(北京)が200億元(約3300億円)を投じて開発し、一昨年秋に開業した。「アジア最大のスキー場」を標榜(ひょうぼう)し、札幌ドーム130個分の約700ヘクタールの敷地に、パークハイアット、ウェスティン、シェラトンなど九つの高級ホテル(計約3千室)が立ち並び、最高額の部屋は1泊7万元(118万円)。ゴルフ場や天然温泉施設、660席の劇場なども完備する総合リゾートだ。

 隣接する別荘街では1棟600万元(約1億1千万円)~1千万元(1億8千万円)もする高級別荘の分譲も進む。上海から同僚たちと訪れた女性公務員、潘芳清(39)は「施設と環境は最高ね」と気に入った様子だ。

 北京から長白山空港まで飛行機で2時間足らず、上海からでも4時間余りというアクセスの良さも自慢だ。

 アジアにおけるスキーの人気エリアといえば、やはり北海道。長白山はニセコなどのライバルになるのか。

 「長白山はウィスラー(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)やシャモニー(フランス東部)、ダボス(スイス)のような世界一流のリゾートです。北海道とは競合しないので、ご安心ください」

 同グループでリゾート開発を担う北京万達旅業投資会社の副社長、徐道明(43)は、北海道は相手ではない、とでも言いたげな笑顔を見せた。=敬称略=

◇長白山◇
 韓国・朝鮮名は白頭山(ペクトゥサン)。中国吉林省と北朝鮮両江道の国境にある標高2744メートルの火山。山頂のカルデラ湖「天池」は観光地として人気が高く、アムール川の支流の一つ松花江の源流にあたる。朝鮮王朝や中国の清朝が「霊山」として信仰し、特に韓国・朝鮮では「朝鮮民族の揺り籠」と言われる。中国と北朝鮮が引いた国境線についても韓国国内で根強い反対運動があり、呼称や領有権をめぐる中韓両国の摩擦の種にもなっている。