北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月01日 月曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS
  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • 印刷する

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

 日曜版で連載中の「ほっかいどう 100の道」にちなんで、今回のテーマは「道」。133人から395点の応募がありました。
 紅葉の道や丘陵地帯に真っすぐ伸びる道、航路、飛行機雲、光跡などいろんな道を表現した優れた写真が多くありました。
 1席の「クロスロード」は、日没後の札幌市東区のモエレ沼公園が舞台。かすかな光で浮かび上がった十字路を歩くカップルの写真で、静寂の世界が伝わってきます。全体的にはモノトーン的な写真ですが、赤く染まった空とマンション群の明かりを入れ、独特なムードを演出しています。
 2席のうち「雨女の行進曲」は、女性がさす赤い傘が、色鮮やかな花畑の彩りをさらに増しています。望遠レンズに近い位置の黄色い花がボケて画面いっぱいに広がり、メルヘン的な写真になりました。
 次に「散歩道」は、朝焼けで赤くかすんだ羊蹄山などの景色が、郷愁を感じさせ、原風景的です。また、飼い主に何かを訴えているかのような犬のしぐさがかわいいですね。
 3席は3点。「目的地へ」は、朝日に照らされた厳寒の雪原に続く足跡に、冬を生き抜く動物のたくましさが伝わってきます。
 「ここからスタート」は、美瑛の丘での記念写真。新婦が後ろを振り向き、希望への道を確認しているかのようですね。良いシャッターチャンスです。
 「農道を快走」は、ハーフマラソンの1コマ。畑の中のアップダウンした道を撮影場所として選び、ランナーが流れるような動きが感じられます。(北海道新聞社写真部長 岩井直樹)

2012年12月1日北海道新聞夕刊掲載

1席

「クロスロード」
吉川優子さん=札幌市豊平区

2席

「散歩道」
山内佳子さん=札幌市南区

「雨女の行進曲」
今明美さん=札幌市西区

3席

「目的地へ」
山下和子さん=後志管内倶知安町

「農道を快走」
金泉隆行さん=苫小牧市

「ここからスタート」
加藤憲秋さん=恵庭市

佳作

「みちくさ」
佐野ミヨさん=恵庭市

「Fantasic Sunset」
成田智志さん=江別市

「秋の散歩道」
川上康徳さん=日高管内新ひだか町

「帰り道」
武田礼子さん=札幌市北区

「夕暮れに」
藤川章子さん=後志管内倶知安町

次回のテーマは・・・

春を探して

次回、6月のテーマは「春を探して」です。長かった冬が終わり、生命が輝き出します。動物たちは生き生きと活動を始め、植物は花を咲かせます。入学と卒業、就職など人生の門出、出会いと別れの季節でもあります。自由な発想で春を表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは5月15日必着
  • 6月3日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR