北海道新聞
login  ヘルプ

どうしんウェブ The Hokkaido Shimbun Press

2017年05月01日 月曜日(先負)

文字
小
中
大
  • RSS
  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • 印刷する

メモ登録閉じる

』についてのメモ

記事にメモを書き添えることができます。

 「冬弾む」をテーマにした「フォトランド HOKKAIDO」は、100人から312点の応募がありました。今年の冬は道東を中心に暴風雪に見舞われ厳しい天候でしたが、自然現象をうまく捉えた作品や冬を楽しむ表情豊かな作品が多く寄せられました。
 1席の「仲良し五人組」は、ゆきあかりin中島公園の一コマ。優しい光を見つめる子供達の表情から、ぬくもりと安心感が伝わり、ほっとした写真ですね。
 2席のうち「幻想」は、厳寒の十勝川。川霧が立ちこめる中、朝日を浴びた気球と霧に写り出された影が幻想的で、タイミング良く撮影出来ました。
 次に「氷の衣」は支笏湖の岸辺の草が波しぶきで衣を着たように凍り、逆光で撮影したことで氷の質感が現れています。自然の作り出す造形美がおもしろいです。
 3席は3点で「お母さん助けて!」は、なまはげの恐怖から逃れようとする子供の必死さが伝わります。
 「無病息災」は、どんど焼きで赤々と燃える炎に、正月飾りを投げ込むタイミングをうまく捉えています。
 「あさひと共に」は、タンチョウのねぐらになっている川岸の樹氷が、朝日を浴びて桜の花を咲かせたようです。
(北海道新聞社写真部長 岩井直樹)

2015年3月7日北海道新聞夕刊掲載

1席

「仲良し五人組」
伊藤博章さん=札幌市

2席

「幻想」
綱島修さん=十勝管内幕別町

「氷の衣」
佐藤幹夫さん=苫小牧市

3席

「お母さん助けて!」
鈴木佳夫さん=岩見沢市

「無病息災」
増井典子さん=苫小牧市

「あさひと共に」
部田茜さん=室蘭市

佳作

「巨大ツララ」
友広茂夫さん=岩見沢市

「みだれ髪」
出嶋重六さん=室蘭市

「ジャンプ」
須藤修作さん=札幌市

「アイスショー」
今明美さん=札幌市

「弾ける冬波」
北原明寛さん=釧路市

次回のテーマは・・・

春を探して

次回、6月のテーマは「春を探して」です。長かった冬が終わり、生命が輝き出します。動物たちは生き生きと活動を始め、植物は花を咲かせます。入学と卒業、就職など人生の門出、出会いと別れの季節でもあります。自由な発想で春を表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは5月15日必着
  • 6月3日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。

loading

※7日以内の新着記事を表示しています。

すべて既読にするclose

PR
PR