審査評  「冬の絵手紙」をテーマにした「フォトランド HOKKAIDO」には全道の82人から計189点の応募がありました。冬のイベントや行楽を楽しむ人々、愛らしい動物など、寒さの中にもほのぼのとしたぬくもりが感じられる力作が数多く寄せられました。
 1席の「若さがあふれて」は札幌のイベント会場でのひとコマです。若い男女にお願いをすると、思い思いのポーズをとってくれました。低い位置から魚眼レンズで撮影。楽しそうな2人の姿が光のアーチに映えました。
 2席のうち「視界不良」は猛吹雪に見舞われた札幌の街角です。ストロボを発光させたことで、舞う雪が白く映り込みました。真冬の厳しさが幻想的に表現されています。
 「交代してよ!」はつららになったカエデの樹液をついばもうと集まった小鳥たちです。寒い中、朝から夕方まで粘ってシャッターチャンスをものにしました。
 3席は3点です。「静寂の夕日」は札幌・モエレ沼公園で撮りました。遠くで遊ぶ子供たちの声も届かない静けさの中、長く伸びた木の影が印象的です。
 「めざめ」は十勝川に架かる橋から撮影しました。けあらしが朝日に輝き、川面に広がる波紋に、ハクチョウの優美さが際立っています。
 「足跡」は散歩の途中に見掛けた光景です。降り積もった雪の上の足跡。光の加減で浮かび上がって見える不思議な写真になりました。
(北海道新聞社写真部編集委員 植村佳弘)

2017年3月4日北海道新聞夕刊掲載

1席

「若さがあふれて」
鈴木佳夫さん=岩見沢市

2席

「視界不良」
川内恒子さん=小樽市

「交代してよ!」
上戸鉄雄さん=札幌市

3席

「静寂の夕陽」
佐竹輝昭さん=札幌市

「めざめ」
増井典子さん=苫小牧市

「足跡」
竹田徹夫さん=渡島管内知内町

佳作

「雪中クルーズ」
貝沼正雄さん=札幌市

「氷の滑り台」
輪島礼子さん=札幌市

「秘境の旅」
安田敏彦さん=札幌市

「ワカサギ釣れるかなぁ~」
田村謙次さん=室蘭市

「なにしてあそぼ?」
石塚佳子さん=札幌市