審査評  「春を探して」をテーマにした紙上写真コンテスト「フォトランドHOKKAIDO」には全道の90人から251点の作品が寄せられました。ようやく巡ってきた春の中、植物や動物、人びとの営みなどに季節を感じて撮影した力作が集まりました。
 1席は「フキノトウ見つけたよ~」。女児の表情が自然でいいですね。子どもにとっては、外遊びが楽しいだけかもしれませんが、長い冬を過ごした道民感情を思うと、春が訪れた喜びが凝縮されているように見えます。残雪をたたえ、どっしりとした山容の羊蹄山、新緑の牧草畑と撮影場所の景観も抜群でした。
 2席の「あれ!春だよね」は季節の移ろいを写し出しました。雪に覆われた福寿草は寒そうですが、モノトーンの中に花弁の黄色が鮮やかです。
 「子育てお疲れさん」はキツネの家族の様子。暖かな日差しで、キツネのお母さんに眠気が訪れたのでしょう。元気な子ギツネに囲まれ、幸福感も漂います。
 3席の「春が来た!」は青空の桜並木を背景に、弾むように駆け出す男児2人の姿が、画面にリズムを与えています。
 「春耕」は背景の山の雪渓が美しく、2分割した画面が主題を引き立てます。樹木、トラクターの配置も見事です。
 「春の味覚独り占め」はシジュウカラがフキノトウをついばむ姿をとらえました。ほろ苦い春の味覚が分かるとは、食通の鳥なのかもしれませんね。
(北海道新聞社写真部次長 野勢英樹)

2017年6月3日北海道新聞夕刊掲載

1席

「フキノトウ見つけたよ~」
山下和子さん=後志管内倶知安町

2席

「あれ!春だよね」
北山祥三さん=空知管内由仁町

「子育てお疲れさん」
長友逸郎さん=札幌市

3席

「春が来た!」
田村謙次さん=室蘭市

「春耕」
福本英之さん=旭川市

「春の味覚独り占め」
清田宜弘さん=北広島市

佳作

「夕陽を浴びて」
真田美代子さん=後志管内倶知安町

「春色の便り」
佐竹輝昭さん=札幌市

「春 装いを新たに」
斉藤勲さん=砂川市

「初恋の花吹雪」
吉川優子さん=札幌市

「華の絨毯(じゅうたん)」
鈴木佳夫さん=岩見沢市