demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 庭仕事や机での作業などで前かがみの姿勢を取ると、猫背になって肩甲骨(けんこうこつ)が前方に傾きます。今回は肩甲骨の前後方向へのストレッチです。首や肩の凝りを防ぎましょう。

 まず、立った姿勢で両手を左右に下ろし、背筋を伸ばします。なるべく肩を上げないようにして胸を反り、左右の肩甲骨を引き寄せます=図1=。次に、両腕を内側に戻しながら、肩を前に突き出すようにして、肩甲骨を左右に引き離していきます=2=

 慣れてきたら、今度は両腕の肘を直角に曲げ、指先を上にして、胸を反りながら肩甲骨を引き寄せます=3=。このときも肩が上がらないように注意を。次に、少し背中を丸めながら、腕を体の前で合わせるようにして、左右の肩甲骨を引き離します=4=

 大きく動かすと効果が高まります。ともに5~10回を2、3セット行ってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)