demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 頭の重さは大人で5キロあり、首の筋肉は常に頭を支えているため、姿勢が悪いと疲れやすく、肩こりも起こりやすくなります。首まわりの筋肉を柔らかくすることは、頭への血流を改善したり、リラックスを促したりする効果もあるので大切です。

 まず背筋を伸ばし、ゆっくりと頭を前に倒し、首の後ろの筋肉に伸びを感じるところで15~30秒間、姿勢を保ちます=図1=

 次に手のひらを顎(あご)の下で合わせ、指先を顎につけ、ゆっくりと頭を押し上げます。首の前側の筋肉が伸びきったところで15~30秒間姿勢を保ちます=2、3=

 どちらの運動も息を吐きながら背筋を伸ばし、痛みのない範囲で行ってください。3セットほど繰り返します。

 お風呂上がりなど、筋肉を温めてから行うとよりストレッチ効果が高まります。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)