demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 肩こりは首まわりの筋がこっている状態が影響します。

 首から鎖骨にかけて体の前側にある筋肉は、頭を支えるために、こりや疲れがたまりやすいところです。この筋肉は、頭を横に向け、水平に回転する運動で伸ばすことができます。

 背筋を伸ばして椅子に座り、頭をゆっくりと右側に回していきます。このとき左肩を下げ、後ろに引くことで、左の首から鎖骨にかけての筋肉がよく伸びます。気持ち良く感じるところで姿勢を15秒~30秒、保ちます=図1=

 頭を真ん中に戻した後、今度は左側へ同じように回していきましょう=2=。手を顎にそえて軽く押すと効果的です=3=。痛みを感じる場合は、あおむけに寝て行ってみてください。

 ゆっくりと息を吐きながら3~5セット程行なってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)