demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 大腿(だいたい)骨の先端はボールのような形をしており、いろいろな方向に動きますが、周りの筋肉が硬くなると、大腿骨の動きは悪くなります。特に股関節の外側の筋肉が硬いと歩き方や姿勢に悪い影響を及ぼしやすいと言われています。

 そこで、骨盤から股関節にかけて付いている股関節の外側の筋肉のストレッチをお勧めします。

 まず壁の右側に立ちます=図1=。右脚を左脚の後ろになるように交差させます=2=。両手を壁に付け、体を左側に倒しながら、腰を右方向に突き出します=3=

 股関節の右側の筋肉に伸びが感じられると思います。この姿勢のまま、息を吐く時間を長めに取りながら呼吸し、15~30秒間行ってください。体が前方に倒れないように注意を。逆側は壁の左側に立ちます。それぞれ3セットほど繰り返してください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)