demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 あぐらをかいたり、がに股で歩くと(男性に多いようです)、股関節が外側に開かれ、逆方向の内側にねじる筋肉が硬くなり、腰痛などの原因になると言われています。そこで、股関節を内側にねじるストレッチを紹介します。

 あおむけに寝て、両腕と両脚を開き、「大の字」になります=図1=。次に両膝を立てます=2=。それから右脚を内側に倒し=3=、その上に左足を載せます=4=。右脚はさらに倒していきます。

 この時、右の肩から右の膝までが一直線になるようにします。腰は浮かないように、両腕も床から離さないように気をつけてください。

 心地よく股関節の付け根に伸びを感じたところで姿勢を止めます。息を吐く時間を長く取りながら、15~30秒間呼吸してください。

 反対側も同じように、それぞれ3セットほど行ってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)