demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 五十肩で肩が痛み、腕が上がらなくなってしまうと、背中に手を回しにくくなり、ひどくなると服の脱ぎ着や洗髪といった日常生活に支障が出ます。腕を大きく上げる動きは意識的に行わない限り、実はあまりしない動作です。年齢を重ねると、腕を上げる動作は硬くなりがち。ストレッチをしておきましょう。

 まず壁から30センチほど離れて立ち、その手を壁につけます=図1=。ゆっくりと手を壁づたいに上げていき、腕の付け根に心地よく伸びを感じたところで、その姿勢を保ちましょう=2=。15~30秒、無理のない範囲で、左右それぞれ3回ほど繰り返してください。呼吸を止めず、ゆっくりと行うのがポイントです。

 慣れてくれば、2の状態から腰をゆっくり壁に近づけるようにすると=3=、より効果が得られます。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈(さむかわみな)

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹(いしざわみき)