demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 腕を前の方へ引き上げるとき、肩の後ろの筋肉もその運動を安定させるために働いています。また、野球など投球動作を伴うスポーツでは、ボールを投げるときに腕を速く前へ振り下ろしますが、その運動の安定にも肩の後ろの筋肉は働きます。このため前側だけでなく、後ろを伸ばすストレッチをすると、バランスがよくなります。

 立つか椅子に座り、右腕を伸ばしたまま、肩の高さまで前の方へ上げていきます=図1=。次に右腕を左方向へ動かし、二の腕が体の前にくるようにします=図2=。左腕で下から右腕をひっかけるようにしながら、右腕をさらに胸に引き寄せていきます=図3=。肩の後ろ側に心地よく伸びを感じるところで15~30秒、その姿勢を保ちます。腕が下がると伸びが弱まります。腕は肩の高さを保つのがコツ。左右変えて行いましょう。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹