demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 「胸を開く」動きは、体にとってよいことが多くあります。まず呼吸のしやすさが変わってきます。例えば、深呼吸は猫背ではしづらいですが、胸を開くことでしやすくなると思います。首も、猫背では後ろに動かしづらいのですが、胸を開けば後ろに曲げやすくなります。今回は胸の開きに大きくかかわる筋肉のストレッチを紹介します。

 左の肘を伸ばし、肩の高さで壁に手をついて立ちます=図1=。手をついたまま、体を右方向へねじっていきます=2=。左肩と体を引き離すような感じで行ってみるとよいでしょう=3=

 胸の前に心地よく伸びを感じるところで、呼吸は止めずに15~30秒保ち、3回繰り返します。手の位置が下がると、伸びを感じづらくなる=4=ので、手は肩の高さに保つようにしてください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹