demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 前回は肘の外側から手首にかけての筋肉のストレッチでしたが、今回は肘の内側から手首にかけての筋肉を伸ばしてみましょう。

 肘の内側の筋肉は球技などでよく使われ、野球肘とも呼ばれます。同じ動きを反復して行い、筋肉に疲れや凝り、痛みが起きている状態です=図1=。手のひらを上に向けて腕を前方へ伸ばします=図2=。反対の手で手のひらを上から持ち、下の方へと押していきます=図3=。このとき手のひらから肘にかけ、心地よく伸びを感じるところでゆっくりと呼吸をしながら、15~30秒ほど保ってください。

 伸びを強めたいときは、肘を少し曲げると良いでしょう=図4=。痛みが出ない範囲で、少しずつ行ってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹