demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 筋肉は暖かいとほぐれやすく、寒くなると硬く縮みがちです。気候とともに、私たちの身体は変化するのです。

 今後しばらく、体の反動を使わず、動く範囲いっぱいに関節を動かす「ダイナミックストレッチ」を紹介します。身体が温まり、筋肉が伸びやすくなるとされ、スポーツ選手もよく行っています。

 今回は「アームスイング」です。背筋を伸ばして立ち、腕を体の前で大きく交差します=図1=。次に腕を左右に上げ、肩の高さで手のひらを上向きにします=図2=。息を吸いながら手を頭の上まで上げ、手のひらを合わせます=図3=。手を下ろすときは、肩の高さで今度は手のひらを下向きにし=図4=、息を吐きながら降ろし、1の姿勢に戻ります。いすに座っても行えます=図5=。10回を2~3セット行えば、体がポカポカして筋肉もほぐれると思います。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹