demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 体を回す運動(回旋(かいせん))は、体のバランスを保つために重要です。ところが回す部位は年齢を重ねると、硬くなりがち。これから4回、回旋の動きを引き出すストレッチを紹介します。

 いずれも前回まで紹介していたダイナミックストレッチの一種で、体の反動を使わず、動く範囲いっぱいに関節を動かしましょう。

 今回紹介するのは股関節の回旋で、腰が硬いなと感じる時に効果的です。

 まず背筋を伸ばし、片手を壁について立ちます=図1=。膝を直角に曲げて片脚を前に上げ=図2=、外側から内へ円を描くように回します=図3、4=。動きは無理のない範囲で大きく、股関節を基点に動かしましょう。

 これを10回繰り返したら次は、逆に内側から外に円を描くように大きく10回回します=図5=。膝がもう一方の脚の前を通るように回す感じです。余裕のある方は壁につかまらず、片脚でバランスを保ってください。内外それぞれ1~2セット行ってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹