demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 肩の関節には、肩を回すときに働いて、腕の運動を安定させる筋肉があります。回旋(かいせん)筋と呼ばれます。投球を伴うスポーツや水泳で使いすぎると、硬くなったり痛みを起こしたりします。五十肩でも痛くなりやすい部位です。

 肩の回旋筋をストレッチして、ほぐしましょう。両手を肩の高さに上げて立ちます=図1=。このとき手のひらは下向きです。右手を親指が上に弧を描くように動かし、手のひらを上向きに返します=2=。同時に左の親指を下に弧を描くように、後ろに向けてひねります=3=。そうするとの状態になります。

 左右逆の動きと交互に、ゆっくりリズム良く10回繰り返しましょう。肩に痛みが出ない範囲で、1~2セット挑戦してみてください。背中が丸まってしまうと肩が動きづらくなるので、背筋を伸ばして行うのがポイントです。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹