demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 腰や背中の筋肉は、私たちが座り、立ち、歩くときのいずれも、常に働いて体を支えてくれています。姿勢が悪いと、これらの筋肉はより働くようになってしまい、疲れや張りが起きやすくなります。今回のストレッチでほぐしましょう。

 背筋を伸ばし、椅子に浅く腰掛けてください。膝を開いて、足裏は床にしっかりとつけておきましょう=図1=。ゆっくりと前に体を倒します=図2=。両腕はすねの前から床に持っていき、床に手を付けましょう=図3=。呼吸はゆっくりと。息を吐く時に、特にリラックスして背中の筋肉の力を抜くように意識しましょう。この姿勢のまま、呼吸は5回ほど繰り返してみてください。背中の筋肉がゆっくりと伸ばされます。

 余裕があれば、両手をかかとの後ろに置くと伸びが深まります=図4=。腰に痛みのあるときには、無理のない範囲で行いましょう。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹