demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 ストレッチを行うときに物を使うことで、伸びの方向や力の加減を自分でコントロールしやすくなります。携帯電話を見るときなど日常生活の動作では首を下に向けていることが多く、頭を支えている首の筋肉が凝っていると感じることはありませんか。そこで今回からは、タオルを使って首の緊張を緩めるようなストレッチを紹介します。

 背筋を伸ばして、少しうつむきながら、タオルを後頭部から首に回してかけます=図1=。両腕でタオルを斜め上に引っ張りながら首をゆっくりと後ろに倒していきます。このときタオルはなるべく首の近くを持つようにしましょう=図2=。伸びの加減は、タオルを引っ張りながら気持ちよいところで保つよう調節してみてください=図3=。息をゆっくりとはきながらそのまま15秒ほど行いましょう。

 首の後ろのタオルを下にしすぎると、首に負担がかかるので気をつけて行ってください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹