demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 立ったままストレッチを行うことで、姿勢のバランスを保つために、より身体の筋肉が働きます。年齢とともに硬くなりやすい脇や体の側面の筋肉を伸ばして、肩を柔軟にしておくことは大切です。今回は脇から体の側面を伸ばすストレッチです。

 まず両足を開いて立ちます。体の前で両手を組み、手のひらを返します=図1=。そのまま息を吸いながら頭上に上げていきます=図2=。次に息を吐きながら、顔が下を向くように少しひねって体を横に倒し=図3=、床と両腕が平行になるようにしましょう。組んだ腕は床と平行の高さを保ったまま、できるだけ遠くへと伸ばしていきます=図4=。心地よく脇から背中の筋肉が伸びたところで、5~10秒ほど保ってください。呼吸は止めずに行うようにしましょう。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹