demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 寒い日が続いています。関節の動く範囲全体を大きく動かすことで、筋肉を働かせながら伸ばす効果もあります。このような運動はダイナミック(動的)ストレッチと呼ばれています。体の大きな筋肉を中心に動かすことで体も温まりやすく、筋肉もほぐれやすくなります。今回は、太ももを持ち上げながら行う股関節周りのストレッチを紹介していきます。

 肘を曲げ、手は前に伸ばして立ちます=図1=。片方の膝を持ち上げ、伸ばしている手にタッチします=図2=。次に反対の膝を持ち上げ、手にタッチしましょう=図3=。少しずつ運動のスピードを上げ、10回ほど行ってみましょう。膝を上げたとき腰が丸くなりやすい=図4=のですが、なるべく胸を張って行ってみて下さい。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹