demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 人それぞれ違いはありますが、身体には普段の生活でよく使う筋肉とあまり使わない筋肉があります。体を大きくひねる、腕を上げる動作というのは日常生活で実は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、腕を上げながら体を大きくひねる動的ストレッチを紹介します。

 手のひらを下に向け、両腕は肩の高さで横に開いて立ちます=図1=。そこから両手を体の前で交差しながら、脚も交差して片足をできるだけ遠く後ろについてください=図2=。より体側の伸びを大きくしたい場合、後ろについた足は、かかとまでしっかり床につけるとよいでしょう=図3=。体を大きくひねることを意識しながら、最初はゆっくり、徐々にスピードを上げて10回ほど行ってみてください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹