demo動画を見る

動画はこちらから

この動画は電子版会員限定です。
電子版会員の方は「ログインはこちら」からログインしてください。
電子版会員でない方は電子版にお申込みの上、ご利用ください。

電子版お申し込み

ログインはこちら

 ストレッチのときにリラックス効果を得るためには、呼吸を組み合わせて行うことが大切です。胸を大きく開いた姿勢や、筋肉の伸びを感じるところでゆっくりと息を吐くことで、よりリラックス効果が得られます。そこで今回は、胸と股関節を開いてリラックスを促すストレッチを紹介します。

 膝を立ててあおむけに寝ます=図1=。そこから、足の裏を合わせた状態で、両膝を外側に倒して股関節の内側を伸ばします=図2=。次に両手を頭の上の方に上げます=図3=。そのまま呼吸をゆっくりと2、3回繰り返しながら、膝の外側を床に近づけていくようにして、内股にある筋を伸ばしてください=図4=。この筋肉は、普段の生活ではあまり伸ばさない筋肉です。気持ちよく感じる、無理のない範囲で行うようにしてください。

執筆 北大准教授・理学療法士 寒川美奈

実演 フィットネスインストラクター 石沢美樹