原発の全廃を求める道内の女性有志が24日、「脱原発をめざす女たちの会」を立ち上げた。札幌市北区で開かれた集会には、各地から約150人が参加した。福島県三春町に住む反原発活動家の武藤類子さんが、原発事故で拡散した放射性物質におびえながら暮らす福島県民の実情を訴えた。集会の最後には、国内すべての原発の廃炉や核燃料サイクル計画の放棄などを求めるアピール文を採択した。同会は今後、賛同者を募り、脱原発に向けた活動を続ける。