上川管内美瑛町白金で、美瑛川のコバルトブルーの川面と雪をかぶった木々など周辺の白銀世界が美しいコントラストを描いている。美瑛町観光協会によると、美瑛川は観光名所「白ひげの滝」などから流れ込むアルミニウムを含む水が光に反射して青く見えるという。「ブルーリバー」とも呼ばれ、辺りが雪で真っ白になる冬は青緑色が際立って映える。約3キロ下流の「青い池」にも同じ成分を含んだ水が流れている。今後の天候にもよるが、3月中旬ごろまで冬ならではの色彩の競演が楽しめるという。動画は小型無人機(ドローン)で撮影。