林業でまちおこしを進める宗谷管内中頓別町で3月15日、馬を使った木材運搬「ホースロギング(馬搬(ばはん))」の研修会が始まった。町内の山林で50年ほど前まで行われており、町内外から参加した林業関係者ら15人が、渡島管内七飯町で馬搬を実践している西埜将世(にしのまさとし)さん(36)の指導を受けた。農耕馬がカラマツの間伐材を引く様子を見学。参加者は「昔を思い出すね」「想像よりも歩くのが速い」などと話していた。