昨年6月に生まれたトドの赤ちゃん「梅太郎」が同11月、離乳期を迎えました。そこで、生きた魚を食べることに慣れ、最後はどんな魚でも食べられるようになることを目標に練習を始めました。しかし、解凍した魚は全く食べてくれません。そこで考えたのが「ヌメヌメ大作戦」。生きた魚の粘液を解凍した魚に付けることにしました。その後、食べ方が少しずつ安定し、体重はみるみる増えました。飼育の難しさも改めて実感しました。梅太郎は3月初めに静岡県沼津市の「伊豆・三津シーパラダイス」に移り、ショーデビューに向けて練習中です。