3月18日早朝、ゴマフアザラシのモエが元気なオスを出産しました。出産後、モエはすぐに、おっぱいを与えようと横向きになるものの、子とタイミングが合わず、なかなかうまくいきません。日も暮れかかり、「チュッチュ…」と、おっぱいを飲む音が聞こえてきました。私たちは、うれしさで胸がいっぱいになりました。愛情いっぱいに育てられた子はすくすくと成長し、生まれた時に7・5キロだった体重は3週間後には36キロに増えました。子の名前は父親「モモ」、母親「モエ」から頭文字をもらい、「モモたろう」と名付けました。