今年1月からアムールヒョウのキン(雄13歳)とルナ(雌5歳)の繁殖を目的とした同居が始まっている。アムールヒョウの寿命は約15年。キンにとって繁殖ができる時間は残り少ないとみられるが、5月には交尾を確認した。ルナが妊娠しているかはまだ分からないものの、飼育員らは期待を持って見守っている。ルナは非常に警戒心が強く神経質。同居の開始には1年半かかった。もしもルナが妊娠していれば、出産は8月中旬ごろとなる見込み。繁殖が成功すれば、旭山では1996年以来21年ぶりで、期待は膨らむばかりだ。