実力派女性パーカッション奏者・はたけやま裕が、ジャズピアニストの山下洋輔らを迎えて5月26日(金)に札幌・キタラ小ホールで道内初のライブを開く。「迫力ある掛け合いを楽しんで」と呼び掛ける。上川管内愛別町で生産され、多くのプロが愛用する箱型打楽器のカホン「Decora43」は、はたけやま仕様のモデルが販売されるなど道内とのゆかりも深い。当日は山下とクラシックの「ボレロ」や落語「寿限無」をフリージャズとして演奏する。チケットは前売り5千円、当日5500円。問い合わせ(電)011・513・4077。