旭川生まれ、札幌育ちの熊川哲也率いるKバレエカンパニーの男性5人によるユニット「バレエジェンツ」の道内初公演が9月8日と9日、札幌・わくわくホリデーホール(中央区北1西1)で行われる。ジェンツの座長・宮尾俊太郎と、メンバーの栗山廉(れん)はともに札幌出身。2人は「故郷の人たちに楽しんでもらいたい」と張り切っている。宮尾はKバレエのプリンシパル(最高位ダンサー)で33歳。栗山は2014年に入団した期待の24歳だ。札幌で踊るのは、古典バレエではなく、熊川や宮尾らが振り付けた現代作品。