日高管内日高町の日高国際スキー場で3月19、20の両日、道内のスキー場ではここだけという雪上モトクロス大会「スノーパンクス2017」が開かれた。雪が少なく固いというスキーには不向きなこの時期のコンディションを逆手に地元の愛好家たちが発案。自主運営しており、今回が7回目。道内外の約40人がオートバイや四輪バギーで耐久レースなどを楽しんだ。バイクのレースで優勝した札幌の自営業沼田誠司さん(42)は、主催者の柔軟な発想に感心しながら「快晴で、雪もちょうどいい絶好の雪上レース日和でした」と話していた。