第50回北海道新聞文学賞と第31回北海道新聞短歌賞・俳句賞の贈呈式が11月22日、札幌市内のホテルで行われた。受賞作は、創作・評論部門の佳作に不破俊輔さん(74)=本名・田中忠昭、滝川市=の小説「武四郎遭難一件」と、岡和田晃さん(35)=上川管内上富良野町出身、関東在住=の評論集「破滅(カタストロフィー)の先に立つ」、詩部門の本賞に久石ソナさん(25)=本名・大塚卓人、札幌市出身、東京都=の「航海する雪」、佳作に入谷寿一さん(87)=苫小牧市=の「茜色(あかね いろ)の空の下で」。短歌賞は、本賞に阿部久美さん(52)=留萌市=の歌集「ゆき、泥の舟にふる」、俳句賞の佳作に檜垣桂子さん(81)=旭川市=の句集「白玉」。受賞作を収めた作品集「北の文学2016」が来年1月、北海道新聞社から出版される予定。