道立函館美術館(函館市五稜郭町)で6月10日から始まる展覧会「ニッポンの写実 そっくりの魔力」(北海道新聞社など主催)の作品の搬入・展示作業が同館で行われている。搬入されたのは豊橋市美術博物館(愛知県)などが所蔵する絵画など作品約80点。函館美術館の職員たちが、一点一点、丁寧に展示していった。8月20日までの午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。月曜休館(7月17日は開館し、翌18日は休館)。一般1100円、高校・大学生600円、中学生300円。小学生以下無料(保護者同伴)。