10月15日から始まる秋の火災予防運動を前に14日、旭川市役所総合庁舎で消防訓練が行われ、市職員らが緊急時の対応などを確認した。訓練には市職員や消防隊員ら約400人が参加。今年4月の熊本地震を教訓に、震度4の地震が発生し、庁舎7階から出火したことを想定して行われた。