道内は4月13日、上空に寒気が入り込んだ影響で冬型の気圧配置となり、各地で雪が降った。道北などの一部ではふぶく地域もあったが、同日夜までには収まる見込み。札幌管区気象台によると、14日は5月上旬並みの暖かさになる見通し。同気象台によると、午前10時までの24時間降雪量は、上川管内上川町層雲峡で23センチ。同日の最低気温は上川管内占冠村で氷点下6・1度、夕張市で同5・4度で、札幌で同2・4度となり、3月下旬から4月上旬並みの気温となった。