5年ぶりにサッカーJ1に復帰した北海道コンサドーレ札幌の監督や選手によるトークショーが4月17日、札幌市中央区の道新ホールで開かれた。約550人のファンが集まり、今季の活躍に期待を寄せた。第1部では四方田修平監督が「尻上がりに調子が上がっている。J1残留を目指したい」と意気込みを語った。第2部にはMF石井謙伍選手、MF兵藤慎剛選手、DF進藤亮佑選手の3人が参加。今季移籍加入した兵藤選手が「道民の皆さんの声援がすごい。ホーム戦で絶対に負けられない」と話すと、大きな拍手が上がった。