北海道新幹線の開業と同時に、新函館北斗―函館間を1日16往復で結ぶJR北海道のアクセス列車「はこだてライナー」が3月26日、新幹線客らを乗せて運行を始めた。旧JR江差線(五稜郭―木古内間37・8キロ)の運行を引き継いだ第三セクター道南いさりび鉄道(函館、通称いさ鉄)も同日、開業した。はこだてライナーと「いさ鉄」の開業を記念した出発式は、午前11時半から函館駅で開かれた。