JRの豪華寝台特急「カシオペア」に使われていた車両が2月26日、北海道内での最終運行となった。カシオペアは2016年3月、北海道新幹線開業に伴って廃止。同年6月からJR東日本が旅行会社のツアー専用列車として、期間限定で運行してきた。午後4時35分ごろ、機関車にけん引されたカシオペアの車両が札幌駅ホームに到着。待ち受けた乗客や鉄道ファンが、盛んにカメラのシャッターを切った。列車は予定より少し遅れて午後4時50分ごろ出発した。