滝川市の石狩川河川敷にある滑空場「たきかわスカイパーク」で、4月11日から今年の営業開始に備えたグライダーのテスト飛行が行われている。軽飛行機にけん引されて離陸したグライダーは上空千メートル以上まで上昇。パイロットが計器やかじに不具合がないかを入念に確認しながら約15分ほど滑空した。同パーク担当の市職員でパイロットの清水拡智さん(40)は「多くの人に空の散歩を楽しんでもらえるよう、安全管理を徹底したい」と話した。同パークは15日にオープンし、11月11日まで営業する。