コンサートなど入場チケットのネット上での高額転売を防ごうと、コンサートプロモーターズ協会は21日、チケットの定価取引を仲介するサービス「公式チケットトレードリセール」(チケトレ)を6月1日から始めると「ライブ・エンタテインメント議員連盟」の会議で発表した。

 買い占めや転売による価格高騰で、ファンが入手しづらくなっているとの批判が高まっていた。

 チケトレの対象は、日本音楽事業者協会など4団体に加盟する法人が扱う発券済みの紙チケットが中心。公式サイトを開設し、チケット販売の「ぴあ」が運営する。