2歳の娘は春から保育園に通い始めましたが、1カ月近くなるのに、なかなか泣きやまないと先生に言われました。どうしたらよいのでしょうか。

  母子分離に慣れることができず、春先の保育園は泣いている子どもたちでいっぱいです。「ママとの生活は安心する場所」と知っているから泣いているのです。私は、環境が変わっても最初からまったく泣かないことの方が少々心配だと思います。

 数カ月たち、まだ泣いている場合には心配になる気持ちもよく分かります。ただ、そういう子どもは「お迎えに行ったときの表情を見てください」とお伝えしています。朝はママも子どもも落ち着かないことがよくありますが、帰るときには気分が切り替わっているものです。お迎えのときにも泣いている場合、子どもの特性が表れているように思います。

 大きな声で泣き続けられる子どもは、意志が強い場合が多いものです。そんな子どもの場合、「泣かないで」と伝えず、事前に「泣きたくなったら泣いていいよ」「ママは必ず来るからね」と伝えてみてください。お母さんが心配している気持ちは子どもにうつってしまうことがありますので「子どもは大丈夫」と信じて見守ってくださいね。

(山本直美(やまもと・なおみ)=NPO法人子育て学協会会長)