イラスト・高原あゆみ

  2歳の男の子についてです。歯磨きが嫌いで、歯ブラシを口に入れるとかんでばかりいます。言っても分かってもらえず悩んでいます。どうすればよいのでしょうか。

  1、2歳は、まずは歯ブラシを口に入れる習慣が大切です。「歯ブラシを持てていればOK」とし、本人に持たせる歯ブラシと、仕上げ磨き用の歯ブラシを別にしておくとよいでしょう。子どもが握りやすく、喉の奥に入らないよう丸いストッパーが付いた歯ブラシもあります。いろいろと試してみることをお勧めします。

 子どもそれぞれに発達の段階があり、無理強いしてしまうとイヤになってしまう可能性があります。

 「仕上げはお母さんね」と声を掛けながら楽しく練習ができていれば大丈夫ですよ。また、うがいで口をゆすぐことも、少しずつ練習できるといいですね。

 なお、毎日の歯磨きのほか、何カ月かに1度、歯医者さんで定期健診を受けることも大事ですね。(山本直美=NPO法人子育て学協会会長)