野山で採ったり、家庭菜園で育てたりした山菜を楽しむ季節だ。ただ、道内ではよく似た毒草を誤って食べてしまう中毒事故が今年も起きており、死亡事故に至ってしまったケースもある。山菜と毒草の見分け方をまとめた。

 人気のギョウジャニンニクは野山で採るほかに、苗を買ったり譲ってもらったりして家庭で栽培する人も多い。庭などに植えたギョウジャニンニクを食べる際に注意したいのが、形のよく似た有毒の園芸植物イヌサフラン(別名コルチカム)だ。今月13日には、富良野保健所管内でイヌサフランを誤って食べた80代女性が亡くなった。昨年も道内で2件中毒事故があった。