一部を屋根掛けし、程よく日差しや雨雪を遮る露天風呂

ジムもネパール料理も

 筆者も猛省しているが、われわれ北海道民、冬場はなかなか歩く気力がおきない。寒さに積雪、凍結路面を前に、ちょっとそこまで…の際もつい車に頼りがち。

 だが怠けがちの筆者も、こんな温泉銭湯が近所にあるなら冬でも足腰シャキッと健康的に過ごせそうだ。

 帯広駅から南西方向に4キロほど、一見(いちげん)さんがふらっと入ることはまずなさそうな住宅街にある。現代的な内外装の日帰り湯で浴場は1階にあり、休憩スペースや食事どころも充実している。

 内湯には、40度ほどの気泡湯に42度ほどの高温風呂、サウナと水風呂もそろう。露天は風格ある木縁の浴槽。琥珀(こはく)色した温泉は適温に調え、掛け流す。腐植質を含み「モール温泉」という愛称で呼ばれる単純泉だ。

 そして、なかなか他所では見られないのが2階のトレーニングジム。トレーナーが常駐する本格派ではないぶん、なんとトレーニング用のウエアと靴を持参した16歳以上の温泉客は自由に利用できるのだ。マシンは無料のものと有料のコイン式のもの。せっかくなら入浴前に足元安全なマシンのウオーキングで汗を流し、一息ついて湯を楽しめば、温泉による健康効果は倍増すること疑いなし。日曜日には3回、幅広い年代向けのヨガレッスンも実施する。

 食事どころでも意外なメニューが待つ。ネパール料理を提供する道内チェーン店が出店し、本格派のカレーやナンが気軽に味わえるのだ。「温泉に加え、カレーやヨガで体の内外から燃焼し、冬を乗り切って」と支配人の柳澤秀和さん。入浴とカレーやヨガをセットにした割得なメニューも好評だ。(旅行ジャーナリスト)

住所 帯広市西11南32の7の2
電話 0155・48・4238
泉質 アルカリ性単純温泉
日帰り入浴時間 午前11時~午後11時(土日曜は午後11時30分まで)。受け付け終了は閉館30分前
日帰り入浴料 大人440円、小学生140円、未就学児70円
日帰り入浴定休日 無休
交通 JR帯広駅から車で約13分