福岡市、博多駅前の道路の巨大な崩落を見て、現代世界の民主政治の現状を連想した。言うまでもない、アメリカ大統領選挙の結果の衝撃と、日ごろ当たり前のように通っている道路の陥没が重なったのである。

 確かに、20世紀の前半、選挙と多数決は独裁への道を開いたこともあった。しかし、ファシズムが倒れた20世紀後半の世界、少なくとも文明国では、民主主義こそ唯一の政治体制となったはずだった。民主主義では、権力者は...