昨年末に亡くなられた渡辺和子氏の名著に『置かれた場所で咲きなさい』という本がある。これからの地域の在り方を考える際に、この言葉をもう一度かみしめたいと思う。

 この30年ほど世界と日本を席巻する経済的グローバリズムは、常に最大の利益を求めて流動性を高める点に本質がある。置かれた場所に留まるのは消極的な人間の怠惰とみなすのが、グローバリズムである。人間がどこに住み、何をするかはすべて自由な選択の対象...